zmacn’s diary

30代後半の独男(民泊掃除おじさん)がインデックス投資をするブログ

「星野リゾートの教科書」レビュー

星野リゾートの教科書」を読みました。

 

星野リゾートの教科書 サービスと利益 両立の法則

星野リゾートの教科書 サービスと利益 両立の法則

  • 作者:中沢 康彦
  • 出版社/メーカー: 日経BP
  • 発売日: 2010/04/15
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

第1部は本書の基本的な考え方が書かれてます。
第2部以降は星野リゾートの宿泊施設内で起きた問題とその解決に役立った「教科書」を実例とともに教えてくれます。

 

基本的な考え方についてもう少し詳しく書くと、星野リゾートではビジネスの問題解決には「教科書」がすごく役立つということです。

「教科書」は本屋に1冊だけおいてあるような古典がいいそうです。

 

星野リゾートでは「教科書」で学んだことを教科書通りにやります。

  • エッセンスだけ読んでやらない
  • 例えば3個対策が書かれていたら3個すべて実施します
  • やりやすいものだけ採用しない
  • 中途半端にやらない
  • わからないことがあるなら何度も読み返す

「教科書」を選ぶ際には本屋で本を手に取って冒頭を読み、自社の課題と関係あるものを選びます。
ですので本書の中で紹介された30冊を闇雲に読み始めるのは無駄が多いようでした。
第2部以降を読んで、出てきた課題とあなたの課題が近い場合は紹介された「教科書」から学び実践することが解決につながりそうです。

 

実際に課題に直面した際は本書で似た問題がないか?と本書を読み返してみるのもヒントになるのではないかと私は思いました。

 
中で紹介された「教科書」は冊数が多いためここでは紹介を控えます。
 
お帰りはこちらからどうぞ! にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ